御印祭

御印祭
コメント
今から約390年前の慶長14年、前田利長は、城下町高岡の興隆繁栄をはかる産業政策の一つとして砺波郡西部金屋村の鋳物師7人を招き、鋳物工場を開いた。これが高岡銅器のはじまり。 この後、鋳物工業は歴代藩主の厚い保護の下に発達した。 このことに深く恩を感じていた鋳物師達は、利長の親書を崇め、毎年6月20日に御印祭(ごいんまつり)を行って報恩の誠意をあらわした。


00:03:06 

再生回数[74]

 25.21MB


著作権者

富山県映像センター

撮影者

富山県映像センター

編集者

富山県映像センター

登録者

富山県映像センター

撮影日時

2004年6月19日10時

季節

時間帯

撮影場所

高岡市金屋町

撮影地域

高岡市

タグ

祭り 子供 青年 大人 老人 御印祭

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。


インフォメーション

【令和元年度郷土学習教材】


とやまの川の物語詳細を見る



【おうちで 花火】






【おうちで 花めぐり】






【おうちで お祭り】






【おうちで ふるさと学習】






【おうちで 工作】






コンテンツ