郷土に生きる人々Ⅲ ブリを待つ海

郷土に生きる人々Ⅲ ブリを待つ海
コメント
平成 3年制作 『郷土に生きる人々Ⅲ ブリを待つ海』
 暖流と寒流がぶつかり、あいがめと呼ばれる富山湾は「天然のいけす」と呼ばれ、古くから定置漁業のさかんなところである。しかし、近年、漁獲高の減少、後継者不足等、漁業をとりまく情勢は厳しい。この映画は、新しい網への改良にチャレンジし、全国にその名をとどろかせた富山の漁師の伝統を受け継ぎ、発展継承していこうとしている漁師の姿を通して、漁業の現状、漁師たちの努力などを描いている。

郷土学習教材コンクール 文部大臣賞 受賞


00:18:21 

再生回数[139]

 113.94MB


著作権者

富山県映像センター

撮影者

富山県映像センター

編集者

富山県映像センター

登録者

富山県映像センター

タグ

郷土学習教材 暖流 寒流 あいがめ 富山湾 定置漁業 富山 漁師 伝統

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。


お知らせ

【平成30年度郷土学習教材「とやまの曳山 “世界の宝”を守り続ける」】


とやまの曳山 “世界の宝”を守り続ける詳細を見る




マークの見方

素材(再利用可)

作品(再利用可)

作品(再利用不可)


サイト内のコンテンツ

このサイトは、富山県映像センターが運用しています。
当サイトについて不明な点は、富山県映像センターまでお問い合わせください。