[225] 070730 氷見 十二町潟

[225] 070730 氷見 十二町潟
コメント
氷見市十二町潟周辺は、かつて「布勢の海」とも呼ばれる湖であった。現在は、イタセンパラやオニバスの生息地として知られ、水郷公園として整備されている。特にオニバスは、国の天然記念物であり、8月には赤紫色の小さな花を咲かせる。
この映像は「旬の映像 Vol.37 初夏バージョンⅢ 」としてDVD-Videoで貸出を行っているものを、とやまデジタル映像ライブラリにも登録しました。

作品情報:氷見 十二町潟  [ 3分 56秒] 撮影:2007年 7月 30日 (氷見市)


00:03:55 

再生回数[32]

 21.17MB


著作権者

富山県映像センター

撮影者

富山県映像センター

編集者

富山県映像センター

登録者

富山県映像センター

撮影日時

2007年7月30日

季節

時間帯

撮影場所

氷見市 十二町潟

撮影地域

氷見市 南砺市

タグ

旬の映像 氷見市 十二町潟周辺 布勢の海 イタセンパラ オニバス 水郷公園 天然記念物 湖・潟

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。


インフォメーション

【令和元年度郷土学習教材】


とやまの川の物語詳細を見る



【おうちで 花火】






【おうちで 花めぐり】






【おうちで お祭り】






【おうちで ふるさと学習】






【おうちで 工作】






コンテンツ