ふるさと富山の偉人 石黒信由 ~江戸時代に精密な地図を作る~

ふるさと富山の偉人 石黒信由 ~江戸時代に精密な地図を作る~
コメント
平成19年制作 『ふるさと富山の偉人 石黒信由 ~江戸時代に精密な地図を作る~』
 石黒信由(いしくろ のぶよし)は、江戸時代末期の和算家・測量家である。越中国射水郡高木村(現在の富山県射水市高木)に生まれ、加賀藩の命を受けて越中国・能登国・加賀国の測量を行い、「加越能三州郡分略絵図」ほか各郡絵図を提出した。これらの絵図は、現在の地図に非常に近いもので、当時としては最高の学問水準を伝えている。

今回制作した映像教材では、石黒信由の生涯と功績、江戸時代の測量方法を学ぶことのできる郷土映像教材を目指し、射水市新湊博物館の協力を得て、ハイビジョン動画ソフトとして制作した。

全国地域映像コンクール 総務大臣賞 受賞
 


00:18:50 

再生回数[480]

 85.99MB


著作権者

富山県映像センター

撮影者

富山県映像センター

編集者

富山県映像センター

登録者

富山県映像センター

撮影場所

射水市

撮影地域

射水市

タグ

郷土学習教材 石黒信由 地図 絵図 江戸時代 加賀藩 精密 和算家 測量家

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。


インフォメーション

【令和元年度郷土学習教材】


とやまの川の物語詳細を見る



【おうちで 花めぐり】






【おうちで お祭り】






【おうちで ふるさと学習】







コンテンツ