郷土に生きる人々Ⅴ 高岡銅器 技とこころ

郷土に生きる人々Ⅴ 高岡銅器 技とこころ
コメント
平成 5年制作 『郷土に生きる人々Ⅴ 高岡銅器 技とこころ』
 高岡銅器は、慶長14年、高岡の開祖前田利長の招きで高岡にやってきた鋳物師たちの手によって始まるが、原料のない土地で全国の90%の生産をあげるほどになった裏には銅器に施された卓越した金工技術があった。この映画は、伝統技術を生かしながら、現代感覚にあふれた重厚な作風を追究している一人の彫金師を描いている。

郷土学習教材コンクール 優秀賞 受賞


00:20:50 

再生回数[210]

 120.84MB


著作権者

富山県映像センター

撮影者

富山県映像センター

編集者

富山県映像センター

登録者

富山県映像センター

撮影場所

高岡市

撮影地域

高岡市

タグ

郷土学習教材 高岡銅器 鋳物師 銅器 金工技術 伝統技術 彫金師

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。


インフォメーション

【令和元年度郷土学習教材】


とやまの川の物語詳細を見る



【おうちで 花火】






【おうちで 花めぐり】






【おうちで お祭り】






【おうちで ふるさと学習】






【おうちで 工作】






コンテンツ