R3_高岡地区教養講座⑦

 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '21/10/15

高岡地区教養講座 「新たな出会いと学びを求めて」

第7回を実施しました。 

 

●日 時  令和3年10月8日(金) 14:00〜16:00

●会 場  ウイング・ウイング高岡 503/504研修室 

●内 容  賀茂信仰と下村

●講 師  下村加茂神社 稚児舞師匠 五十嵐 清 氏

 

○下村加茂神社とは

・下村加茂神社は、治歴2(1066)年に京都賀茂御祖神社(通称 下鴨神社)の3体の神様(賀茂健角身命、玉依命、賀茂別雷命)を勧請し、創建された。

・年間を通して(近年復活したものもあり)30余りの神事が執り行われており、下鴨神社と深い関わりが見られる。

○下村加茂神社の主な神事

[1月]新年慶賀祭(鰤分け神事)、左義長祭、鳥追い式 [5月]御装束祭、やんさんま(県指定文化財) [6月]御田植祭(県指定文化財) [7月]蟲送り [9月]稚児舞(国指定無形文化財) [12月]煤払い祭

○富山県の稚児舞

・下村加茂神社(射水市 福王寺・9曲)の他、熊野神社(婦中町 圓通寺・7曲)、法福寺(宇奈月町 5曲)、雄山神社前立社壇(立山町 4曲)で現在も見ることができる。

○下鴨神社(葵祭)と下村加茂神社(やんさんま)の共通点

・両社の神事にはたくさんの共通点が見られる。中でも流鏑馬は、(葵祭)が派手な演出で行われるのに比べて、(やんさんま)は大弓と高い的が特徴的である。

○祭礼と神饌物

[祭礼]神事を行い、神霊を鎮める行事で、神饌物を奉り、種々の催しを奉納し、お慰めするものである。

[神人共食]儀式終了後に、神への供え物のお下がりを飲食することで、神との一体感をもち、加護と恩恵を得ようとする「直会」がある。

 

【受講者の感想】   --------------------------------------------------

・下村加茂神社に残る伝統行事を、臨場感あふれる動画と豊富な資料をつかって分かりやすく説明していただきました。大変興味深く拝聴することができました。ありがとうございました。

・動画をまじえてのお話で、紹介されたどの神事もぜひ一度見てみたいと思いました。

・京都・下鴨神社と下村加茂神社との共通点を詳しくお示しになりました。観光地としての上・下鴨神社ではなく、伝統と歴史を味わいながら再度訪れたいと思いました。

・少子化と村の人材不足はどの地域も直面している大きな問題です。下村のそれほど大きくない所で、みなさんで工夫され、神社・神事を維持しておられることは大変なことと思います。どうか末永く保存に努めていただきたいです。

 

【次回開催について】--------------------------------------------

○11月12日(金)14:00~16:00 ウイング・ウイング高岡 1階交流スペース

  演題:お話と演奏 二胡の調べ

  講師:日本鶴翔二胡楽団芸術総監督 二胡奏者 張 鶴 氏

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ