ふるさと探究講座(専門)「伝えたい郷土の文化」第2回

「伝えたい郷土の文化」 第2回

 

日 時:令和元年6月1日(土)14:00〜16:00 

場 所:光道山慈興院大徳寺

演 題:「立山曼荼羅 絵解き」                           

講 師:光道山慈興院大徳寺 住職 佐伯 徳順 氏

 

時折ユーモアを交えながら

分かりやすく説明される

講師の 佐伯 徳順 氏

 立山曼荼羅の

絵解きに聞き入る

受講者

 映像や音響を

駆使しながら

絵解きを行う

 

<参加された皆様の感想より>

 

立山曼荼羅の絵解きを初めて聞きました。大変分かりやすく説明していただき、良かったです。こういう機会を設けていただき、ありがとうございます。

 

立山の由来が聞けて良かった。立山の頂上で神主様が片貝川の石を届ける方が毎年いらっしゃることを聞いた。今まで理解できなかった事が解決した。

 

大徳寺の立山曼荼羅絵解きはテレビでも放映され、一度拝聴拝見したいと思っていたのでとても良かった。説明だけでなく、映像や音響も入り、興味を惹かれました。

 


  次回は7月20日

「家持が感動した「越中」~県東部を中心に~」

高岡市万葉歴史博物館

学芸課長 新谷 秀夫 氏です

お楽しみに!

 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ