【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

とやま新時代講座 とやまコミュニティ深化コース<探究>「健康づくりへの手がかり」第2回

 

「健康づくりへの手がかり」 第2回

 

日 時:令和3年7月31日(土)10:00〜12:00 

場 所:富山県民生涯学習カレッジ新川地区センター 新樹館

講 師:富山大学名誉教授 布村 忠弘 

 

「いつまでも元気で動ける体づくり

 

~フェルデンクライス・メソッドを柱として~」

 

  

  講師の布村氏。

    フレイルや認知症などの予防・改善には「運動」が重要であり、「体」と「動作原理」を知り、「気づき」「試行錯誤」による効果的な運動が健康づくりへの糸口であることを丁寧にご教示いただきました。

 

 「背骨」を実際に可動させてみて、動作原理と「気づき」を体験しました。また介護予防でのスクワットの重要なポイントである「下肢のニュートラル」を膝とつま先の向きを知るスクワッティングテストにより体験しました。

 

 

<参加された皆様の感想より>

 

「介護予防の話がとても参考になりました。改めて運動の大切さを感じました。」

 

「足先の向きなど考えたことがなかったが、この機会に意識してバランスの良い姿勢で座るようにしたい。」

 

「体の本来の位置を知ることの大切さを改めて知らされました。無理のない動きを心がけようと思います。」

 

スクワッティングテストを実際にしてみて、日頃気づかない自分の姿勢の悪さがわかりました。筋トレが必要だとよく言われますが、自分の体をよく知ってうまく行うことが大切だとわかりました。」

 


  次回は月28日(土)中止)

第3回 「食と薬のつきあい方 ~健康的に暮らすために

富山短期大学食物栄養学科 准教授 藤田 恭輔 氏 です。

 

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 新川地区センター
 Tel 0765-22-4001
 Fax 0765-22-0901
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ