■令和2年度 教養講座

 

◆講座申込期間◆

 8月7日(金)~

  定員に達し次第終了

   定員80人(先着順)

   ※学習団体所属者は

    8月2日(日)まで

    先行受付中

  

  チラシ・受講申込書は

   こちら↓

  


■ご来所の皆様へ

ご来所の皆様には、新型コロナウィルス感染防止対策にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

 

こちらです

 

学習室等を利用される皆様には、次の点についてご協力をお願いいたします。

 

こちらです


2020年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

ふるさと探究講座(基礎)後期「自然に親しむ」第4回を実施しました。


 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '19/12/02

ふるさと探究講座(基礎)後期

「自然に親しむ」第4回を実施しました。 

 

●日 時  令和元年12月2日(月) 14:00〜16:00

●会 場  高岡地区センター学習室

●内 容  立山のライチョウを守るために

●講 師  富山市ファミリーパーク 園長 石原  祐司 氏

 

 

○ライチョウを知る

・世界には16種

・ニホンライチョウについて

 中部地方の山岳地帯に生息

 生息数は、推定2,000羽以下

 伝説と信仰と法律で守られてきた奇跡の鳥

 年に3回、羽の色が変わる

  →周囲の環境にうまく溶け込み、生き残る

    自然のしくみの不思議が見て取れる

 

○ライチョウを守る

・ライチョウ保護増殖事業計画

  国(環境省)やファミリーパークの取り組み

  野生復帰を想定した飼育繁殖技術の確立が課題

○ライチョウのためにできること

・ライチョウを次の世代へ

・一人ひとりができそうなものから始めよう

 (生物多様性、MY行動宣言、5つのアクション)

 

【受講者の感想】------------------------------------------------------------

・今日の話で本物が見たくなりました。来年の計画に入れたいと楽しみが増えました。

・ライチョウについて新しい知識を得ました。ライチョウの色の変化が季節により変わること等、興味深く耳を傾けました。今年も見ましたが来年も立山でライチョウに会いたい。


・「ライチョウを知る、守る、そのためにできること」を写真やスライドを使ってわかりやすく教えていただきありがとうございます。エサの与え方を年々工夫されて、より自然に近づくように努力されている点、感銘を受けました。人工飼料では自然復帰が難しい!

・ライチョウが冬をどう過ごすのか興味があったのですが、よくわかりました。映像等を通して、雄と雌の色の違いや生態がよく理解できました。貴重なライチョウを保護し増やすために少しでも環境を守る努力をしなければいけないと思いました。 

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ