■令和2年度 教養講座

 

◆講座申込期間◆

 8月7日(金)~

  定員に達し次第終了

   定員80人(先着順)

   ※学習団体所属者は

    8月2日(日)まで

    先行受付中

  

  チラシ・受講申込書は

   こちら↓

  


■ご来所の皆様へ

ご来所の皆様には、新型コロナウィルス感染防止対策にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

 

こちらです

 

学習室等を利用される皆様には、次の点についてご協力をお願いいたします。

 

こちらです


2020年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

県民カレッジ委託講座/高岡地区教養講座第7回を実施しました。


 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '19/10/10

県民カレッジ委託講座 高岡地区教養講座

「新たな出会いと学びを求めて」第7回を実施しました。 

 

●日 時  令和元年10月11日(金)14:15〜16:15

●会 場  (現地研修)勝興寺 

●内 容  講演「勝興寺を修理固成(つくりかためなせ)

●講 師  文化財建造物保存技術協会 事業部参事 東坂 和弘 氏

 

 

 〇「修理固成」とは

 

 ・「國造り」「人造り」「物作り」とは、

  「手を加え続けること」であり、しっかり

 としたものに「固め」、そして「成し遂げよ」

 という意味(古事記 上巻 二)

 

 〇保存修理の目的

 

  ・なぜ守るのか

  ・誰のために守るのか

  ・何を守るのか

  ・どう守るのか

 

 〇建造物の見学

 

  ・総門、唐門、本堂

  書院及び奥書院、台所

  大広間及び式台 など

【受講者の感想】   --------------------------------------------------

・文化的な建造物を誰のために守るのか、何のために守るのかという説明がありま

したが、その中で先生は、「精神性も含め、適度で良好な加減で守ることが大切だ」

と話されました。

  この言葉は堅苦しくなく大変よい言葉だと思いました。見学中も、東坂先生の丁寧

な説明に感銘を受けました。

 

 

・天気もよく、皆さん早くに集合され、楽しみにしておられる様子が伝わってきました。

東坂先生の説明は、穏やかで大変分かりやすかったです。訪れる度にいろいろな顔

を見せる勝興寺。完成が待ちどおしいです。

 

 

・修理中何度も見学に来ていましたが、今回は渡り廊下もでき、全体がよく見渡せて

建物の様子がとてもよく分かりました。説明も大変分かりやすかったです。勝興寺は

大切な国の財産ですね。国宝にならないかなあと期待しています。

 

 

【次回開催について】--------------------------------------------

 ○11月 8日(金)  14:00~16:00 ウイング・ウイング高岡5階(503・504研修室)

  演題:「地域住民、小学生が支えるイタセンパラ保全活動」

  講師:氷見市教育委員会 主任学芸員 西尾 正輝 氏

 

 〇講座終了後 閉講式 を行います。

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ