■令和3年度教養講座の募集終了について

4月9日(金)に定員に達したので募集を終了しました。

 


■再募集のお知らせ

 R3年度前期講座

 再募集について

  受付:4月1日~(先着順)

 再募集する講座

 ・HPB1 次世代に伝えたい富山の文化

 ・HPB2 富山の“夢・元気人”

 ・HLC1 ふるさとの美を訪ねて

        -煌めく女性が挑む文化の継承-

 ・HAC8 ふるさとの豊かな恵み、

        その未来を託す 

- - - - - - - - - - - - - - 

 お問い合わせ ⇒

   高岡地区センターまで

   TEL:0766-22-5787 


■ビジュアル学習コース(VRツアー)を受講される方へ

「HLC1 ふるさとの美を訪ねて-煌めく女性が挑む文化の継承-」を受講される方は、事前確認をお願いします。

     ⇒ こちら


■ご来所の皆様へ

ご来所の皆様には、新型コロナウィルス感染防止対策にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

 

こちらです

 

学習室等を利用される皆様には、次の点についてご協力をお願いいたします。

 

こちらです


2021年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

R2後期_地域課題学び活かし講座「ふるさとの暮らし」④


 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '20/12/06

地域課題学び活かし講座

「今を見つめ、未来につなぐふるさとの暮らし」第4回を実施しました。 

 

●日 時  令和2年12月2日(水) 14:00〜16:00

●会 場  県民カレッジ高岡地区センター学習室

●内 容  なくさなかった万葉線と城端・氷見線のLRT化

●講 師  路面電車と都市の未来を考える会・高岡(RACDA高岡)会長 島 正範 氏

 

 

○ SDGs目標11と 『交通まちづくり』

○なくさなかった万葉線

・万葉線の主な特徴

・日本国内の路面電車(18路線)の一つ。貴重な地域資源

・「地方鉄道の分水嶺」

・「社会的便益」をもたらす存在

・万葉線存廃問題と存続への経緯

・市民、行政、事業者がまちづくりへの活用に向けてスタートを切る。

 

○城端・氷見線のLRT化

・沿線市の将来的なまちづくりとの整合性が重要

・LRTのお奨め語訳→近代化された次世代型の路面電車交通システム

 ・鉄道が都市に与える社会経済効果

 ・公共交通サービスは、都市空間における水平方向のエレベーターやエスカレーターのようなもの

・安心、安全で快適に暮らせるまちづくりに、交通まちづくりが有効

 

【受講者の感想】-------------------------------------------------

・万葉線の存続が全国によい影響を与えたとの話がよかったです。城端・氷見線のLRT化についての話も聞くことができ有意義でした。

 

・つい自動車に乗ってしまうのですが、今後はゆっくりと万葉線に乗りたいと思います。万葉線の存続維持を希望します。

 

・SDGsの観点から、軌道運行の重要性が論議されており、持続可能社会のあり方について、誰でも考えねばならないことだと知りました。

 

・万葉線、城端・氷見線の存続に熱意をもって取り組んでおられることに深く敬意を表します。高齢になると自家用車の運転を遠慮しなければならなくなります。その時役立つのは、やはり公共の交通機関です。これからも公共交通の存続に努めていただけるようお願いもし、協力したいと存じます。

  

 

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ