■令和2年度郷土学習教材上映会のご案内

 


■わくわく土曜シアター(12月~2月)

2月のシアター申込は1月22日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(年中行事)一覧  >  とやまの文化財百選(年中行事)詳細

No.4-000 1 季節を感じる、とやまの年中行事 - とやまの年中行事


  '10/04/05

とやまの文化財百選「とやまの年中行事」
 人々は、昔から生活の節目に、健康や安全、豊作、商売繁盛を祈り、先人を敬い様々な行事を行ってきた。行事をひとつ行うたびに季節の移ろいを感じた。
とやまの文化財百選「とやまの年中行事」
 正月。新年の幸福を祈り寺社に参詣する。寺社では新年を祝い祭礼が執り行われる。
 節分。立春を翌日に控えたこの日。まだまだ富山は冬。そんな中、邪を祓い、福を招く豆まきの声が響く。
 子供の健やかな成長を祈り、3月の桃の節句には、女子のいる家庭で艶やかなお雛様が飾られる。5月の端午の節句には、男子のいる家々に鯉幟が泳ぐ。
 梅雨から夏の盛り。稲の害虫や病気を払うため虫送りやネツオクリが行われ、願いや穢を託して七夕が行われる。
 残暑の頃。盆を先祖とともに過ごすためオショウライの火が焚かれ、子供の加護を祈願して地蔵盆が行われる。
 大掃除や正月飾りを済ませ、迎える大晦日。大祓えのために神社に行き、除夜の鐘を突きに寺に参詣する。
 そしてまた、新たな年を迎える。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ