■令和3年度前期講座準備物について

 

以下のページから講座の準備物などを確認できます。

講座準備物など


■前期講座再募集受付中!!

定員に満たなかった講座について、再募集を行っています。

再募集は申込方法が異なりますので、映像センターまでご連絡ください。

 

■ビデオ撮影セミナー

(入門編)

 


■わくわく土曜シアター(4月~7月)

4月のシアター申込は3月26日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(お城)一覧  >  とやまの文化財百選(お城)詳細

No.5-081 増山城 - とやまの城


  '10/03/29

とやまの文化財百選「とやまのお城」
とやまの文化財百選「とやまのお城」
県史跡(昭和40年) 
所在地

砺波市増山

立地 丘陵頂部、標高120m
遺構 曲輪、土塁、堀、虎口、土橋、櫓台
規模 1000m×900m(増山城)
城主 神保長職、上杉氏、佐々氏、中川光重
時期 戦国、近世初頭
 和田川右岸の丘陵上に築かれている。西側は和田川、南から東側にかけては深い谷で守られる。松倉城、守山城と並び「越中三大山城」と称される。本格的な築城は、16世紀前半の神保長職期である。上杉謙信が永禄3年(1560)富山城を攻め、長職は増山城に逃れるが、ついには落ち延びていった。天正4年(1576)謙信に攻略され、上杉氏の支城となったが、天正9年(1581)、織田方の手に落ち、佐々成政の支城となった。成政降伏後は、前田利家の娘婿中川光重が居城した。廃城は慶長年間(1596〜1615)と考えられる。増山は最盛期の成政期に本体の増山城を中心として北側の山続きに屋敷跡、さらに亀山・孫次山などの出城から成る広い城郭群を形成しており、西側の和田川左岸には城下町も存在した。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ