■新型コロナウィルス感染症拡大防止に関するお知らせ

工房利用停止について


■映像工房メンテナンス

定期メンテナンスのお知らせ

2020/03/22 〜 2020/04/08


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2020年4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(お城)一覧  >  とやまの文化財百選(お城)詳細

No.5-091 安養寺御坊(安養寺城) - とやまの城


  '10/03/29

とやまの文化財百選「とやまのお城」
 
所在地

小矢部市末友

立地 台地、標高50m
遺構 土塁
規模 350m×150m
城主 勝興寺
時期 戦国
 小矢部市南部の丘陵地帯の裾、渋江川に面する高台に立地する。加賀国境に近い土山(現南砺市)に創建された勝興寺が、高木場(現南砺市)を経て移転した居城。戦国期、勝興寺は瑞泉寺と共に越中一向一揆の二大勢力として大きな地位を占めたが、天正9年、織田方の攻撃により陥落。明治14年(1881)に描かれた絵図によると、二重の堀や土塁によって守られた縄張が示され、加賀と砺波を結ぶ「小原道」が内部を通過している。付近には「寺家町」などの地名も残り、戦国期に寺内町が形成されていたとみられる。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ