■わくわく土曜シアター

5月のシアター申込は4月23日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■令和3年度前期講座準備物について

 

以下のページから講座の準備物などを確認できます。

講座準備物など


■前期講座再募集受付中!!

定員に満たなかった講座について、再募集を行っています。

再募集は申込方法が異なりますので、映像センターまでご連絡ください。

 

■ビデオ撮影セミナー

(入門編)

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(お城)一覧  >  とやまの文化財百選(お城)詳細

No.5-000 5 越中戦国時代に活躍する主な武将 - とやまの城


  '10/03/25

とやまの文化財百選「とやまのお城」
神保氏
 守護畠山氏の家臣。射水・婦負の守護代の家柄。
慶宗(よしむね:?〜1520)
  放生津城、守山城が本拠、長尾為景と何度も戦う。1520年新庄城で敗戦し、自害。
長職(ながもと:?〜?)
 慶宗の子。富山城、増山城が本拠、衰退した家を再興。椎名氏や謙信と戦う。のち、謙信と手を組むが家中は分裂。
長住(ながすみ:?〜?)
 長職の子。流浪後、京都で信長に仕え、謙信没後、信長の命で越中に入る。越中平定を図るがうまくいかず、佐々成政入国後、国外追放される。
氏張(うじはる?〜1592)
 神保氏の庶流。守山城を本拠。始めは謙信に属するが、謙信没後、佐々の重臣として活躍。佐々に従い出国、その後は徳川家康に仕える。
畠山氏
 室町幕府三管領(かんれい)家の一つを務めた名門。管領家は越中の守護を務める。能登の守護は分家。
前田氏
 利家(1538〜99)、織田氏の家臣。81年に能登、83年に加賀を領有。金沢城を本拠に84年以降佐々と加越国境で戦う。85年佐々が降伏降、嫡男利長が越中国を領有。
石黒氏
 古代豪族利波臣氏を祖とする。福光城の城主。一向一揆に敗れ衰退。
佐々成政(1536〜88)
 織田氏の家臣として柴田勝家らと北陸各地を転戦。1583年に越中平定。その後豊臣と対立したため前田氏と戦うが、85年に降伏。87年に九州肥後へ転封。
椎名氏
 新川郡守護代。松倉城が本拠、1521年以降長尾氏の配下として活躍。43〜44年神保長職と戦う。68年謙信と戦い松倉城を追われ、小矢部の蓮沼城で滅亡。
上杉(長尾)氏
 長尾家は越後の守護上杉家家臣で守護代の家柄。能景(よしかげ)は1506年、一向一揆討伐中、砺波で戦死。為景(ためかげ)は、越中侵攻し20年に越中を平定。その後佐々に負ける。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ