■16ミリフィルム上映会

12月14日(月)10:30~、13:30~ 16ミリフィルム上映会を開催。

 


■わくわく土曜シアター(12月~2月)

12月のシアター申込は11月27日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■ご来所の皆様へのお願い

                                                              ご来所の皆様には、新型コロナウィルス感染防止対策にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

 

こちらです

 

学習室等を利用される皆様には、次の点についてご協力をお願いいたします。

 

こちらです

 

 

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(近代歴史遺産)一覧  >  とやまの文化財百選(近代歴史遺産)詳細

No.6-006-2 黒部峡谷の鉄道橋(旧山彦橋(黒部橋)、鐘釣橋(錦繍橋)、跡曳橋、目黒橋) − とやまの近代歴史遺産


 富山県民生涯学習カレッジ 映像センター課(富山県映像センター)   '10/08/12

所在地
黒部市宇奈月温泉(欅平まで) 
分類
鉄道関係(橋梁) 
竣工
旧山彦橋1924年(大正13)
鐘釣橋1928年(昭和3)
跡曳橋1925(大正14)
目黒橋1934(昭和9) 
構造
旧山彦橋、鐘釣橋、跡曳橋:鋼アーチ橋
目黒橋:鋼桁橋 
所有
旧山彦橋:黒部市
鐘釣橋・跡曳橋:黒部峡谷鉄道株式会社
目黒橋:関西電力株式会社 
履歴
日本の近代土木遺産2800選 
概要
 黒部川発電施設群の建設用資材を運搬するため、まず大正14年に宇奈月と猫又の間に鉄道軌道が敷設され、後昭和12年に欅平まで延長された。総距離は約20キロメートルで、設けられている橋梁は16基である。旧山彦橋は大径間のアーチ橋で現在は歩道として利用されている。跡曳橋と鐘釣橋(錦秋橋)は峡谷の春秋の自然美と調合した美しいアーチ橋である。目黒橋は黒部川第二発電所への引き込み線の橋梁で、国内では珍しいフィーレンデール形式で山口文象のデザインとされる。外装の赤色が峡谷に見事に溶け込んでおり、トロッコ電車に乗った観光客の目を楽しませている。 
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ