石楠花寺に念仏が聞こえる

石楠花寺に念仏が聞こえる
コメント
平成12年度ふるさと発見!ビデオコンテストふるさと富山 文化の部門奨励賞受賞作品新潟との県境近くに石楠花寺として知られているお寺がある。昔、坊さんが争乱の京都をのがれ守り本尊を背負って越後へ行く途中、難所「親不知」に阻まれ、ここ境に留まった。戦国時代も度重なる兵禍に遇ったが、越中の鬼門除けの寺として信仰を集め、心ある人々によって守り継がれ、また前住職の「仏心は花の如く」との言葉のように春には見事な石楠花が咲いて訪れる人々の心を和ませているのである。人の一生は愚かに過ごしやすいが、心を開いてみると美しい花と仏像によって念仏が聞こえてくるのである。この護国寺は現世の極楽浄土ではないだろうか。


00:05:06 

再生回数[58]

 31.86MB


著作権者

扇原英夫

撮影者

扇原英夫

編集者

富山県映像センター

登録者

富山県映像センター

撮影日時

2000年4月

時間帯

昼 夕

撮影場所

朝日町

撮影地域

朝日町

タグ

川・河川・川原・河原 滝・滝壷 海・海岸 夕焼け・夕日 寺院 町並み 公園・広場 庭園 船・舟 美術工芸

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。


インフォメーション

【令和元年度郷土学習教材】


とやまの川の物語詳細を見る



【おうちで 花火】






【おうちで 花めぐり】






【おうちで お祭り】






【おうちで ふるさと学習】






【おうちで 工作】






コンテンツ