地域課題学び活かし講座「クールTOYAMAの力」第3回

「クールTOYAMAの力」 第3回

 

日 時:令和2年11月27日(金)13:30〜15:30 

場 所:富山県民生涯学習カレッジ新川地区センター 新樹館

演 題:「『世界に注目される薬都とやま』の実現を目指して」

講 師:富山県薬事総合研究開発センター 次長 長谷川 千佳 氏

 

たくさんの資料やデータを示されながら、医薬品産業とくすりの富山の経緯や取り組みについて説明される長谷川氏。

医薬品の開発や流通、法律・規制、世界市場との関わり、また、後発医薬品やバイオ医薬品などについて紹介されました。

売薬から始まる「くすりの富山」の強みを活かし、国・産学官連携などで開発や人材育成に取り組んでいることを知りました。

 

<参加された皆様の感想より>

 

「県が薬業にどのように力を入れているのかを知ることができた。」

 

「医薬品産業の講座は初めてでした。色々と聞けて良かったです。」

 

「後発医薬品やバイオ医薬品などの仕組みが分かりました。」

 

「売薬さんをなつかしく思いました。もっと知りたいです。」

 


 

  次回は、12月4日(金)

第4回 「富山から創造・発信される『イノベーション型ものづくり産業』」

富山県総合デザインセンター デザインディクター 岡 雄一郎 氏 です。

 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ