AF324ふるさと探究講座(専門)③

 富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター   '20/11/30

AF324ふるさと探究講座(専門) 第3回 を開催しました。

 

 

  • 日 時  令和2年11月21日(土) 14:00〜16:00
  • 場 所  県民カレッジ富山地区センター 学習室
  • テーマ   江戸期、異国で暮らした越中漂民 -膨大な情報、幕府を驚かす-     
  • 講 師  コラムニスト  辻沢 賢信 氏

                            

講座の様子1

新聞に「越中エル・ドラド」を断続的に連載しています。第1回「越中七金山」では、「越中はエル・ドラド(黄金郷)だ」と書きました。その後、富山の素晴らしい人々を紹介してきています。

 講座の様子2

幕末、維新のヒーローは多いが、なぜ富山にはヒーローがいないのか。加賀藩の影響があったのだろうと思います。

足摺岬にジョン万次郎の大きな銅像が建っています。残念ながら、次郎吉は全国区になっていません。しかし、調べていくうちに、長者丸の次郎吉はジョン万次郎の比ではないと思いました。

 

 講座の様子3

蕃談や時規物語には、異国の様子が中心に書かれています。次郎吉たちが耳で覚えてきた1459単語が記録されていますし、パナマ運河の建設計画の記述もあります。こうした情報が、日本の進路を決定づけたのだと思います。一方、ハワイの史料には、漂民たちの現地での暮らしや素顔が書かれています。苦境にあっても誇りを失わず、誠実さと勤勉さ、進取の精神で満ちあふれています。

 

受講者の皆様からは、 

「様々な歴史上の人物とのつながりがおもしろかったです。」 

「ジョン万次郎以前に、このような事実があったとは。偉大な越中人と言いたい。」 

「富山の偉人歴史として、もっと県民に周知すべきだと思います。」

 などの感想をいただきました。

  

今回で、AF324ふるさと探究講座(専門)は終了しました。

講義後、奥井副所長より代表の方に修了証をお渡ししました。皆様のおかげで、予定どおり講座を実施できました。ありがとうございました。 

 

開催施設:県民カレッジ富山地区センター
関連リンク 関連リンク
ふるさと探究講座
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター
 Tel 076-441-0301
 Fax 076-441-0328
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ