HAF5とやまの暮らし③

 富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター   '21/06/24

HAF5 とやまの暮らし 第3回 を開催しました。

 

  • 日 時  令和3年6月19日(土) 10:00〜12:00
  • 場 所  県民カレッジ富山地区センター学習室
  • テーマ   細工蒲鉾の世界-富山の蒲鉾文化を探る-     
  • 講 師  株式会社河内屋
  •       代表取締役社長 河内 肇 氏                       
 講座の様子1

全国各地には、その土地の魚を原料とし、風土に合わせた姿で数々の伝統的なかまぼこ製品があります。

 

かまぼこのある所をプロットしていくと、海沿いにしかないので、蒲鉾の日本地図ができます。

 講座の様子2

昔は蒲鉾の原材料として、明太子用に捕ったスケソウダラを主に使用していましたが、現在は冷凍すり身が全国共通となっており、各社工夫してお客様に提供しております。

 講座の様子3

細工蒲鉾の技法はいろいろありますが、富山県は「絞り出し」という技法が中心です。

ケーキのデコレーションと同じ技法ですが、実は相当な力作業で、握力が必要となります。

 

最近は、ライフスタイルや価値観の変化から、お客様の嗜好が変化してきており、弊社としても、新しい細工蒲鉾を提案させていただいております。

 

受講者の皆様からは

 

「かまぼこの由来等、知らないことを興味深く聞けた。楽しい時間でした。

 

「蒲鉾の時代の流れと今後について考えさせられました。」

 

「身近な食文化の歴史について知る機会を得、細工蒲鉾の工作技能が、全国との比較でよく理解できた。」

  

などの感想をいただきました。

 

今回で、HAF5「とやまの暮らし-富山の食材と食文化-」は終了しました。

皆様のおかげで、無事に講座を終えることができました。ありがとうございました。 

 

開催施設:県民カレッジ富山地区センター
関連リンク 関連リンク
講座案内
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター
 Tel 076-441-0301
 Fax 076-441-0328
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ