とやま新時代講座 コミュニティ深化コース「ふるさとの技」 第3回を実施しました。

 富山県民生涯学習カレッジ 砺波地区センター   '21/07/22

令和3年度前期 とやま新時代講座「ふるさとの技」 第3回を実施しました。

 

 

   日  時: 令和3年7月17日(土) 13:30〜15:30

   場  所:  県民カレッジ砺波地区センター(となみ野高校内)

   講  師: 富山県立大学工学部環境・社会基盤工学科  教授 脇坂 暢 氏

   講座題: 「水素エネルギーの可能性と富山県の取り組み」

   

 

講座風景 

 講師

    脇坂 暢 氏  

水素エネルギーの可能性

について、実験を伴って分

かりやすく説明していただ

きました。水やアルミの

ゴミから水素を生成して、

燃料電池により発電して

プロペラを動かしました。 

 水素エネルギーの説明を

中心に、環境問題から最

先端電池の原理、国内外

の取り組み例、富山県の

現状など幅広く説明してい

ただきました。実験もあり、

盛り沢山の内容に大満足

でした。

 

 

◎受講者の感想より(抜粋)

・水素エネルギーの可能性が分かりやすく説明されていた。水の電気分解の実験の新方法を見て驚いた。水素エネルギーの必要性が理解できた。新しい知識が吸収でき、大変有意義な講座だった。楽しく実験を見ることができた。講師の熱意に感謝したい。

 

・水素エネルギーについて実際に実験の様子を見させていただいて理解することができた。2020年に富山にも水素ステーションができ、新しい取り組みが始まったと初めて知った。実用化に向けてこれからの研究を期待したい。

 

・これからの水素エネルギーを詳しく知ることができて本当に良かった。水素というものを間違って考えていた。正しい知識を得ることが本当に必要であると思った。実験がとっても良かった!!電気分解はすごかった!!面白かった。

 

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 砺波地区センター
 Tel 0766-61-2020
 Fax 0766-61-2008
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ