■ 令和3年度自遊塾 塾生募集

 

こちらから  

携帯サイトQRコード
携帯版も充実
週間お出かけ
情報発信中!
申込書ダウンロード
お問い合わせはこちらから
当サイトはリンクフリーです。 リンクバナー
リンクバナーとしてお使い下さい。

R3前期_新時代コミュニティ探究「昭和のものがたり」①

 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '21/05/19

とやま新時代講座 -とやまコミュニティ深化コース(探究)-

「未来に紡ぐ昭和のものがたり」第1回を実施しました。 

 

●日 時  令和3年5月17日(月)14:00〜16:00

●会 場  高岡地区センター学習室  

●内 容  昭和の高岡 ~あった、使ったモノ語り~

●講 師  高岡市立博物館 元館長 神保 成伍 氏

 

 

昭和の高岡 ~記録写真より~

(Ⅰ)昭和初期から太平洋戦争

・横田、伏木、能町等々が市に合併  

・駅前には、北陸初貸店舗式の「グリーンホール」

・高岡は全国に知れた商業都市

 

(Ⅱ)戦後から高度経済成長期

・高岡は戦災に合わず鋳物工場を中心に生産を拡大

・守山町通りは、金融界の中心街

 

・昭和26年開催の「高岡産業博覧会」は市民の誇り

・駅前広場が整備され、大型百貨店が進出 

 

(Ⅲ)産業構造転換からバブル期-昭和の終焉-

・重厚長大型から軽薄短小型へと産業構造が転換

・53年「中田あしつき祭」

・54年 開町370年、市制施行90年「高岡まつり」

・61年「えんじゅ通り」誕生

 

【受講者の感想】-----------------------------------------------------

・昭和の時代は、初期・中期・後期と激動的に変化していることを改めて感じることができました。高岡は、全国的にも有名な商業都市であったことを誇らしく思いました。

 

・高岡の歴史について詳しくお話いただき、久しぶりに過去の出来事を思い出させていただきました。コロナの終焉を願い、市街の賑わいの復活を願うこと、切なるものがあります。

 

・講師の先生は大先輩であり、お元気で、お話も聞きやすく大変感動いたしました。昭和の時代は自分の人生と共に懐かしく、講座はとても楽しい時間になりました。

  

【次回の講座案内】-----------------------------------------------

○令和3年6月7日(月)14:00~16:00 会場:高岡地区センター学習室

  内容:源氏鶏太の見た昭和

  講師:射水市大島絵本館 館長 立野 幸雄 氏

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ