■カレッジわくわくシアター

<令和3年度後期>

入場無料、先着30名

 12月19日(日)

  1月16日(日)

  2月20日(日)

 *詳細ちらしは

  →こちら


2021年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

R3前期_新時代とやま縦断「富山の“夢・元気人”」


 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '21/08/07

とやま新時代講座 -とやま縦断コース-

「富山の“夢・元気人”」第3回を実施しました。 

●日 時  令和3年8月4日(水)9:30〜11:30

●会 場  対面受講会場 高岡地区センター

        オンライン会場:県民カレッジ新川地区センター

                                       富山県教育文化会館(ハイビジョン学習室)

                                       県民カレッジ砺波地区センター 

●内 容  ライフ イズ マジック! ~僕の人生、謎だらけ~

●講 師  ラッキーマジシャン アレマー玉井 氏 

 

〇「ラッキーマジシャン」である所以

・避けてきた「練習、努力、我慢」

・決してマジックはうまくない。運に恵まれた。

〇日常生活にマジックを

・見る楽しみ、考える楽しみ、演じる楽しみ。マジックの楽しみ方は、いろいろ。マジックを好きになってもらいたい。

〇ほしかった“超能力”

・ユリ・ゲラーの“超能力”に心躍らせた。

・努力せず、“超能力”だけがほしいと思っていた。

 

〇マジックのトリック、見破ってみよう!

〇みんなでマジックに挑戦!

・アレマーカードを使ったマジック、指を使ったマジック、電卓を使ったマジックなど

〇体験を増やすことの大切さ

・マジシャンである限り、一生新しいトリックを考え続けなければならない。壁にぶつかることはしょっちゅう。

マジックだけに固執せず、いろいろな体験することが壁を乗り越えることにつながっている。

 

【受講者の感想】----------------------------------------------- 

・アレマーさんの巧みな話術とともにマジックの不思議、奥深さを知る楽しい時間でした。チップを使ったスマホのマジックは好きになれないとのお話にお人柄がしのばれました。

・マジックの種を教えていただいて面白かった。電卓での数字当ての種を聞き、過去に種と思われる話を聞いていたのを思い出しました。

・大変楽しかったです。時間が短く感じました。話術もすばらしい!

 

〈他地区から〉

・マジックは、いかにしてトリックを思いつくかということに尽きるのですね。先生は「練習・努力・我慢」が嫌いとおっしゃっていましたが、トリックを見せないのには、この3つは不可欠。日頃の精進がしのばれます。

・自分でカードを使ってやってみて楽しかった。

・真面目なエンターティナーマジシャン!

・声が大きくてよい。マジックの不思議さがはっきりよくわかる。日常生活にマジックを!スバラシカッタ!拍手!!

 

【次回の講座案内】-----------------------------------------------

 ○令和3年8月11日(水)9:30~11:30 砺波地区より配信

   内容:つくる人をつくる~持続可能なふるさとづくり~

   講師:起業家伴走異業種グループ「ジソウラボ」代表理事

       株式会社島田木材 代表取締役社長 島田 優平 氏

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ