■令和2年度 教養講座

 

◆講座申込期間◆

 8月7日(金)~

  定員に達し次第終了

   定員80人(先着順)

   ※学習団体所属者は

    8月2日(日)まで

    先行受付中

  

  チラシ・受講申込書は

   こちら↓

  


■ご来所の皆様へ

ご来所の皆様には、新型コロナウィルス感染防止対策にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

 

こちらです

 

学習室等を利用される皆様には、次の点についてご協力をお願いいたします。

 

こちらです


2020年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

ふるさと探究講座(専門)後期「ふるさとの知と技」第3回を実施しました。


 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '19/11/12

ふるさと探究講座(専門)後期

「ふるさとの知と技」第3回を実施しました。 

 

●日 時  令和元年11月12日(火) 14:00〜16:00

●会 場  県民カレッジ高岡地区センター学習室

●内 容  小さな身体の頼れる相棒“まさる君”

           ~ロボットとともに暮らす未来の生活~

●講 師  富山県立大学工学部知能ロボット工学科

           准教授 増田 寛之 氏

 

 

○オープンキャンパスや研究室見学で自律プレゼン“まさる君”の開発

・まさる君単独で講義を実施

・多人数の参加者とのインタラクション機能を備えたプレゼンテーションロボットシステムの開発

〇講義支援ロボットとして

・プレゼンテーションに必要な基本機能

参加者とのインタラクションの仕方

 

○オープンキャンパスでの実験

・札置きによるインタラクション

・ロボットによるプレゼンテーションへの参加者の反応確認

〇ロボットと人とのインタラクション

・アプリを開発し、双方向インタラクション行う

・参加者の状態に応じたインタラクション(顔方向検出システム)を実施

==>ロボットは正しく状態を認識できないなど課題が残った

 

【受講者の感想】------------------------------------------------------ 

・AIロボット開発の進化が大変進んでいることを感じました。「いさお君、すばらしい!」

会話が上手にできるなんてすごいことです。

 

・ロボット知能の開発がこのようにトライされていることを知り非常に興味深かかった。

今後、介護面等のサービス領域で活用されるロボット研究について継続して聞きたい

と思いました。

 

・興味・関心をもって聞かせていただきました。これからのロボットには、心(ハート)を

もたせる取り組みが大切かと考えます。ロボットが人のパートナーとなる日が楽しみで

す。

 

・ロボットの実用開発について、わかりやすく説明いただき、理解を深めることができま

した。ロボットについていろいろな期待、要望が人間にはあります。

先生にはますますご活躍いただきますようお礼申し上げます。

 

開催施設:県民カレッジ 高岡地区センター学習室
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ