■令和2年度郷土学習教材上映会のご案内

 


■わくわく土曜シアター(12月~2月)

2月のシアター申込は1月22日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(年中行事)一覧  >  とやまの文化財百選(年中行事)詳細

No.4-000 二十四節気と五節句、雑節 - とやまの年中行事


  '10/04/09

とやまの文化財百選「とやまの年中行事」 とやまの文化財百選「とやまの年中行事」
二十四節気
 節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた季節のこと。半月ごとの季節変化に対応出来ることなどから、農業の目安としては非常に便利なため古くから利用された。
月日節気内容
1月6日 小寒 この日から寒に入り、寒さも本格的になる。小寒から節分までを寒の内という。
1月21日 大寒 一年の内で最も寒い時期。
2月4日 立春 二十四節気の最初の節にあたり、八十八夜、二百十日など、すべて立春の日から数える。暦の上ではこの日から春になる。
2月19日 雨水 雪が雨に変わり、雪や氷は溶けて水となるとされる。
3月5日 啓蟄 地中で冬眠をしていた虫たちが姿を現わす頃とされている。
3月20日 春分 昼と夜との時間は等しくなる。この日を中日として前後それぞれ3日、すなわち7日間が春の彼岸である。
4月4日 清明 花が咲き乱れる季節とされる。
4月20日 穀雨 このころに降る雨は百穀を潤すとされる。春の最後の節気である。
5月5日 立夏 暦の上ではこの日から立秋までが夏となる。
5月21日 小満 陽気の良い頃で万物が成長し、一定の大きさになる頃とされる。
6月5日 芒種 芒種というのは稲や麦など穂の出る穀物の種のことをいい、種播きの時期とされる。
6月21日 夏至 昼間の時間が1年で一番長い日である。
7月7日 小暑 昼間の時間は徐々に短くなるが、日増しに暑くなる頃である。
7月22日 大暑 もっとも暑くなる頃とされ、土用の丑の日にウナギを食べる風習が生まれた。
8月7日 立秋 実際には最も暑い時期だが、この日から秋となる。
8月23日 処暑 暑さが収まる頃という意味で、初秋のころ。
9月7日 白露 いよいよ秋の気配がただよう、草に露がつくようになる頃とされる。
9月23日 秋分 昼と夜の長さが同じとなるが、この日以降に夜の方が長くなる。
10月8日 寒露 本格的な秋が始まる頃とされる。この頃になると露が冷たく感じられることからいう。
10月23日 霜降 寒露に続き寒さが一段と増し、霜が降りる頃とされる。
11月7日 立冬 この日から立春までが暦の上で冬とされる。
11月22日 小雪 この頃から雪が積もりはじめ、冬の到来が感じられる頃とされる。
12月7日 大雪 本格的な雪が降りだす頃とされる。
12月21日 冬至 暦の上では冬の最中とされるが、この日を境に昼間の時間は長くなっていく。
五節句
 節は、季節の変わり目のことで、季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的で行事が行われる。五節句には、3月3日、5月5日のように奇数の重なる日が選ばれているが、1月だけは1日(元旦)を別格とする。
(平成20年:日は年によって多少替わる)
節気内容
人日の節句
(1月7日)
正月7 日の朝は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種類の草を入れた七草粥を食べる。
上巳の節句
(3月3日)
桃の節句。農家では、本格的な農作業の始まる季節である。
端午の節句
(5月5日)
5 月の最初の午の日にあたり、菖蒲の節句とも言われ、菖蒲を軒に吊し、菖蒲湯に入って無病息災を願った。また、「しょうぶ」の言葉にかけて、男子の成長を祝う節句でもある。
七夕の節句
(7月7日)
中国に古くから伝わる牽牛・織女星の伝説と日本古来の棚機津女(たなばたなつめ)信仰が合わさり七夕行事となった。
重陽の節句
(9月9日)
菊の節句。長寿を願う祓いの行事が行われ、長寿薬とされていた菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んだ。
雑節
 農業に従事する人々は二十四節気では十分に季節の変化を読み取れないため、その補助をする為に考えられた日本独自の暦である。五節句・二十四節気以外の、季節の移り変わりの目安となる日の総称をいい、節分、春・秋の彼岸の入、春・秋の彼岸の明、八十八夜、入梅、半夏生、土用の入、二百十日がある。

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ