■わくわく土曜シアター(8月~11月)

10月のわくわく土曜シアターの申込を9月25日(土)10:00~から受け付けます!

電話またはWebにて申込!

Web申込はこちらから。

申込の際は注意事項をご覧くださいい。Web申込注意事項。

最新の情報は映像センター公式Twitterに配信中! 


■臨時休所中の貸出(教材・機材について)

富山県映像センターは臨時休所中ですが、視聴覚機器・教材の電話での予約を受け付けています。(来所して教材を選ぶことはできません)


■令和3年度後期講座準備物について

以下のページから講座の準備物などを確認できます。

講座準備物など

 

※シニアスマートフォン撮影セミナー(初級編)の開催日時が変更になりました。

 9/26(日)→10/29(金)


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 



月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > よくある質問 - ノンリニア編集に関して一覧  >  よくある質問 - ノンリニア編集に関して詳細

「録画用」と「データ用」の違いは?


 富山県民生涯学習カレッジ 映像センター課(富山県映像センター)   '10/08/26

「録画用」と「データ用」の違いは? 市販されている DVD や Blu-ray のパッケージには、「録画用(For Video)」と書かれているものと「データ用(For Data)」と書かれている二種類があります。「録画用」と書かれているものは DVD レコーダーなどテレビ番組を録画するためのディスクで、「データ用」と書かれているものはパソコンでデータを書き込むためのディスクです。基本的には「録画用」と「データ用」のディスクに違いはありませんが、「録画用」のディスクには、著作権者のための私的録画補償金が商品の価格に含まれており、「データ用」には含まれていません。
 テレビ番組などの著作物を録画(複製)する行為は、著作権法 30条「私的使用のための複製」によって認められているものの、デジタル方式で録音・録画する場合には、私的録画補償金(または私的録音補償金)を支払ったメディア、すなわち「録画用」のディスクを使わなければならないと定められています。DVD レコーダーなどで、テレビ番組を録画する場合には「データ用」ではなく、「録画用」のディスクを使用してください。
 パソコンで文書ファイルを保存する場合には、私的録画補償金を支払っていない「データ用」のディスクを使っても構いません。また、「データ用」の用途に「録画用」のディスクを使っても構いません。
 
 また、以下のような点に留意してください。
  • 私的録画補償金については、私的録画補償金管理協会(SARVH)のホームページの「早分かり!私的録画補償金制度」で解説されています。
  • 「地デジ対応」と標記されているメディアが販売されていますが、これは CPRM というコピーガードシステムに対応しているかどうかを示しています。地上デジタル放送のテレビ番組を録画する用途であれば、CPRM に対応したディスクを使用しましょう。

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ