■令和3年度前期講座準備物について

 

以下のページから講座の準備物などを確認できます。

講座準備物など


■前期講座再募集受付中!!

定員に満たなかった講座について、再募集を行っています。

再募集は申込方法が異なりますので、映像センターまでご連絡ください。

 

■ビデオ撮影セミナー

(入門編)

 


■わくわく土曜シアター(4月~7月)

4月のシアター申込は3月26日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(お城)一覧  >  とやまの文化財百選(お城)詳細

No.5-020 弓庄城(弓之庄館) - とやまの城


  '10/03/27

とやまの文化財百選「とやまのお城」
町史跡(S34年) 
所在地 上市町舘西円場
立地 台地、標高55m 
遺構 曲輪、土塁、堀、土橋、井戸、建物
規模 600m×150m 
城主 土肥氏
時期 戦国(16世紀代)
 白岩川中流右岸、河岸段丘上に位置する。土肥氏は、堀江庄の地頭代として堀江に居館を構えた。16世紀初め、白岩川流域に進出して弓庄城を築城。永正17年(1520)長尾為景に敗れ、堀江系土肥氏は衰退するが、後に弓庄系土肥氏は上杉氏に属し、新川郡西部の有力国人となった。
 天正6年(1578)上杉氏没後、織田方に属したが、同10年(1582)信長が本能寺で討たれると再び上杉氏に属し、佐々成政と敵対した。佐々氏は二度にわたり弓庄城を攻め、同11年に土肥氏は佐々氏と和睦し、越後へ退去した。この弓庄城攻めの際に付城が、郷田砦と日中砦である。
 本城周辺の発掘調査では、堀、建物、井戸、道路、石積・土塁痕跡といった遺構が検出した。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ