■映像工房ご利用に際してのお願い

映像工房をご利用する際はこちらをご覧ください。


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2019年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

富山県映像センター TOP > よくある質問(FAQ) - ノンリニア編集に関して一覧  >  よくある質問(FAQ) - ノンリニア編集に関して詳細

「エディウスJ」でAVCHD形式のデータを取り込むには?


 富山県民生涯学習カレッジ 映像センター課(富山県映像センター)   '10/11/17

「エディウスJ」でAVCHD形式のデータを取り込むには? 「エディウスJ」では、AVCHD形式の映像(AVCHDのロゴが印刷されたビデオカメラで撮影された映像)を直接扱うことができません。
 以下の手順で、「エディウスJ」で扱えるファイルに変換してから編集作業を行います。
  1. まず、取り込んだ映像を編集するためのプロジェクトを「エディウスJ」で開きます。そして、画面右側にある「フォルダ」部分で、「ルート」を選択します。
  2.  画面左中央にある「プロジェクトの保存(Ctrl +S)」ボタンを押して、プロジェクトを保存し、プロジェクトが保存されているフォルダを確認します。
  3. 「エディウスJ」の画面を最小化しておきます。
  4. AVCHD のビデオカメラを、USBでパソコンに接続します。このとき、ビデオカメラによってはバッテリーではなく、ACアダプターに接続していなければならない場合があります。
     また、DVD-Rやメモリカードにデータが記録されている場合は、それらのメディアをカードリーダーなどでパソコンで読み込めるようにします。
  5. スタートメニューから「コンピューター」を選択し、前項 4. で接続した映像データの中から、編集に使用する映像データ(AVCHD 形式の映像データは、拡張子が .m2ts や .mts)を探して、前項 2. で確認したプロジェクトが保存されているフォルダにコピーします。
  6. 前項 2. のフォルダに映像データのコピーが終わったら、前項 4. で接続したビデオカメラをパソコンから取り外します。
  7. 前項 6. でコピーした映像データを選択して、デスクトップ上にある「AVCHD2HQ」のアイコンにドラッグ&ドロップします。
    • 一度に大量の映像データを変換すると、エラーが発生する場合があります。エラーが発生する場合には、30〜50個ごとに分割して変換します。
    • 映像データの変換には、記録されている映像に比例した時間を要します。
    • 変換が終了したものから、最小化してあるプロジェクトに登録されます。
[PDF] 「エディウスJ」でAVCHD形式のデータを取り込むには? 上記の手順を図解したテキストを、PDF で作成してあります。右の画像をクリックすると、拡大してごらんいただけます。
 また、「エディウスJ」を用いたビデオ編集の手順について、「「エディウスJ」を使って、ビデオ編集にチャレンジ!」で公開しているテキストもご覧ください。

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ