■令和3年度前期講座準備物について

 

以下のページから講座の準備物などを確認できます。

講座準備物など


■前期講座再募集受付中!!

定員に満たなかった講座について、再募集を行っています。

再募集は申込方法が異なりますので、映像センターまでご連絡ください。

 

■ビデオ撮影セミナー

(入門編)

 


■わくわく土曜シアター(4月~7月)

4月のシアター申込は3月26日(金)~受付開始。電話またはWeb申込。

Web申込の際に注意事項をご覧ください。

Web申込はこちらから→Web申込 

 

 


■映像ライブラリー

富山県内の様々な映像を視聴することができます。

 


カレンダー
月間カレンダーはこちら

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(お城)一覧  >  とやまの文化財百選(お城)詳細

No.5-001 宮崎城(荒山城、泊城) - とやまの城


  '10/03/26

とやまの文化財百選「とやまのお城」
県史跡(S40年)
所在地 朝日町宮崎 
立地 丘陵頂部、標高249m
遺構 曲輪、土塁、堀、土橋、石垣
規模 700m×340m 
城主 宮崎太郎
時期 平安〜戦国
 越後との国境に近い宮崎の城山にある。築城は寿永元年(1182)、源義仲が北陸の宮の御所をこの地に築いた。この城は在地武士宮崎太郎の居館であったと伝える。室町・戦国期になると椎名氏の出城となったが、永禄12年(1569)椎名氏が、上杉謙信のため松倉城を追われると上杉氏の部将が配置された。この時期に越中攻めの拠点として役割を持ち三つの曲輪からなる城の構えできたようである。その後佐々氏により支配されたり、上杉勢に奪回されるなどの争奪を繰り返した。佐々氏の転封後は前田氏の部将が配置されたが、やがて廃城と成った。城の西南には笹川の谷を挟み横尾城がある。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ