2017年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

富山県民生涯学習カレッジ本部 TOP > お知らせ一覧  >  お知らせ詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

平成25年度 県民カレッジ夏季講座 受講ありがとうございました


 富山県民生涯学習カレッジ本部   '13/10/08

夏季講座を受講いただき、ありがとうございました
 

H25年度県民カレッジ夏季講座

 

 日 時  7月 12日(金) 14:30 〜 16:00     
 

    講師 内閣官房参与 谷内 正太郎 氏

 

    演題 「日本外交の課題と展望」

 

 

   谷内正太郎氏

 

  

●プロフィール● 

 

昭和19年、石川県金沢市生まれの富山育ち。37年、富山県立富山中部高校卒業後、東京大学に入学し、41年、東京大学法学部卒業。その後、東京大学大学院法学政治学研究科に進み、44年に修士課程を修了、外務省に入省した。外務省では人事課長、ロサンゼルス総領事、条約局長、総合外交政策局長、内閣官房副長官補を歴任し、平成171月に外務事務次官に就任、201月に退任した。現在、早稲田大学日米研究機構日米研究所教授、慶応大学大学院SDW研究科特別招聘教授、東京大学大学院総合文化研究科客員教授等。

 

編著書に「多様化する国際的脅威と日本の対応」(田中明彦監修・「『新しい戦争』時代の安全保障」所収、都市出版社)、「外交の戦略と志」(産経新聞出版社)、「オバマ新政権と日米関係」(薮下史郎監修・「世界政治経済と日本・米国・中国」所収、東洋経済新報社)、「論集・日本の外交と総合的安全保障」(ウエッジ社)、「アジアの安全保障と日米同盟の将来:解説」(吉野孝監修・「変容するアジアと日米関係」所収、東洋経済新報社)等。

 

受講者アンケートから(多数のご意見より一部掲載)

・外交官としての豊富な経験からの説得力のある話が聞けてよかった。

・最前線で活躍されている方の話を聞くことができてよかった。

・日本の置かれている状況がよく分かった。

・日頃の政治ニュースをまとめることができる機会であった。

・新聞、テレビで取り上げられている日本の課題がよく分かった。納得できた。

・中国についての話を興味深く拝聴した。

・次代を担う高校生が受講するのは大変すばらしいこと。今後も継続してほしい。

・時宜を得た講演、大変よかった。

・吸い込まれる内容であった。

・安倍政権、世界情勢について分かりやすく話していただきよく分かった。

・話の内容は大変重いのに、分かりやすく説明されてよかった。

・今まで中途半端に理解していたところがはっきりした。

・新聞記事に出ない外交の話が聞けてよかった。

・国の高いレベルの話が聞けてよかった。

     

               

開催施設:富山県教育文化会館

 

 

 

開催施設:富山県教育文化会館
関連リンク 関連リンク
県民カレッジ
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ本部
 Tel 076-441-8401
 Fax 076-441-6157
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ