2017年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

富山県民生涯学習カレッジ本部 TOP > お知らせ一覧  >  お知らせ詳細

GB34 平成22年度 県民カレッジ夏季講座 受講ありがとうございました。


 富山県民生涯学習カレッジ本部   '10/07/20

夏季講座を受講いただき、ありがとうございました!
 

H22年度県民カレッジ夏季講座

 

 

林 成之先生

  • 7月 16日(金) 18:30 〜 20:00
     医学博士・脳神経外科医 日本大学大学院 教授 林 成之 氏
    「自分の才能を育む脳の話〜考える力とこころ〜」

 

 1939年富山県水橋生まれ。

 日本大学医学部、同大学院博士課程修了。マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学ショック外傷センターに留学。日本大学医学部教授、マイアミ大学脳外科生涯臨床教授を経て、現在、日本大学大学院生命科学教授。
 脳に損傷を受けた人々の治療と社会復帰をさせ、「『ゴッドハンド』を持つ男」と呼ばれる。脳卒中で倒れたオシム監督を回復させた「脳低温療法」の開発は、世界的な評価を受けている。北京オリンピック日本代表競泳チームの脳科学的戦略指導に参加し、北島康介選手を金メダルへと導いた。
 著書に『勝負脳の鍛え方』(講談社)、『望みをかなえる脳』(サンマーク社)、『思考の解体新書』(産経新聞出版)、『脳に悪い7つの習慣』(幻冬舎)など多数。

 

 

受講者アンケートから(多数のご意見より一部掲載)

 

  • 環境も脳にとっても大事なものだと分かりました。とても分かりやすく説明していただいたのでとてもよかったです。これからの生活に役立てたいと思いました。(10代男性)
  • 「やってやるぞ」という気持ちになれて、聞くことができてよかった。本当にありがとうございました。(20代男性)
  • 子どもたちに聞かせたい話でした。自分の習慣を見直すきっかけとなりました。(40代男性)
  • 受験生なので、今回の話を聞いて受験勉強にも生かせることがあったら、ぜひ使いたいと思いました。(10代女性)
  • すごくわかりやすく話にひきこまれました。明日からすぐ実行してみたいと思うこともありました。(40代女性)
  • 以前より本を読み、興味をもっていました。ご本人の肉声で密度の濃い内容にふれることができました。(40代女性)
  • 今後、相手を好きになる、相手を尊敬するということを意識して行動していきたい。(10代男性)
  • 脳と心のつながりについて知ることができてよかった。変われるという言葉を信じ、これからの仕事や生活に生かしていきたいと思いました。(30代女性)
  • 脳によいのは、興味をもつこと、探究心ということが分かりました。私もこれからそのようにしていきます。(50代女性)
  • 相手を尊敬することや考えることの大切さを学びました。否定語を使わないようにして生きていきたいです。生きる上ですごく勉強になりました。(50代女性)
  • 子どもを教育する立場にあるので、とても勉強になりました。また、自分自身のこれからの生き方も考えさせられました。先生の本も読んだことがあり、今回お話が聞けて感激しました。(50代女性)
  • 富山県出身の方の講座は大いに刺激になった。(60代女性)
  • 同期発火、本能、心を大切に。(70代女性)

講座の様子
林 成之先生 平成22年度 県民カレッジ夏季講座

 


 

 

紺野 美沙子さん

  • 7月 17日(土) 14:00 〜 15:30
     国連開発計画(UNDP)親善大使・俳優 紺野 美沙子 氏
    「国連開発計画親善大使として見たこと感じたこと

 1960年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。現在、俳優、国連開発計画親善大使。
 1979年「黄金のパートナー」(東宝)で映画デビュー。80年NHK連続テレビ
小説「虹を織る」のヒロイン役で人気を博す。「武田信玄」「あすか」など多数のドラマに出演。4月から、NHK教育テレビ「ギフト〜E名言の世界」(毎週月曜日23:10)の司会を務める。テレビ・映画・舞台に活躍する一方、98年、国連開発計画親善大使の任命を受け、カンボジア・パレスチナ・タンザニア・東ティモール他、アジア・アフリカの各国を視察するなど、国際協力の分野でも活動中。
 著書に、日本文芸大賞女流文学賞受賞『空飛ぶホタテ』(NTT出版)、親善大使として訪れた国や人々について綴った『ラララ親善大使』(小学館)がある。

 

講者アンケートから(多数のご意見より一部掲載)

  •  話し方や何気ない所作から誠実な人柄がうかがえました。親善大使にはなるべくしてなられたのだと思います。(30代男性)
  • ボランティアで多方面の活動をされ、「思いやりの心」をもつことの大切さがよくわかりました。子ども達にも「思いやりの心」をもつことの大切さを十分に伝え、地域活動にがんばりたいと思います。(40代男性)
  • 実体験に基づいたビジュアルな説明なのでよく内容が伝わってきた。(50代男性)
  • 日常生活ではなかなか知ることができない世界の一面を知ることができ、いろいろ考えさせられた。(60代男性)
  • 私は世界20カ国ほどを訪問、滞在したことがありますが、今日の話に合う国は一国もなかったように思います。ぜひ、ご出版された著書を読んで知識を得たい。(70代男性)
  • 今まで周りのことしか見ていなかったので、これからはもっと広い視野をもとうと思います。(20代女性)
  • 今あたりまえに暮らしていることが幸せなことだと意識し、子ども達にも伝えていきたいと思います。(20代女性)
  • 一言一言を大事にしてかみしめるように話していらっしゃる姿が印象的でした。UNDP親善大使の取り組みについて具体的に知ることができ、素敵な時間を過ごすことができました。(40代女性)
  • 写真が印象に残りました。自分にできることはささいなことですが、周囲が明るくなるよう毎日過ごしていきたいと思います。(50代女性)
  • 私たちができることはないかと考えさせられました。皆が世界のことを知らないといけないと思いました。(50代女性)
  • アジアの人たちの生活を見せてもらい、今の自分を見つめ直すよい機会になったような気がします。今後は自分の周囲の身近なところから小さいことでも他の人の役に立つ自分になりたいと思いました。(60代女性)
  • たくさんの国を訪問されたそうですが、時間の関係で一部しか紹介していただけなかったのが残念です。(40代女性)

紺野 美沙子さん

 

リーフレット

平成22年度 県民カレッジ夏季講座

開催施設:富山県教育文化会館
関連リンク 関連リンク
県民カレッジ
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ本部
 Tel 076-441-8401
 Fax 076-441-6157
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ