2017年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

富山県民生涯学習カレッジ本部 TOP > お知らせ一覧  >  お知らせ詳細

GB35 平成23年度 県民カレッジ夏季講座 受講ありがとうございました。


 富山県民生涯学習カレッジ本部   '11/07/18

夏季講座を受講いただき、ありがとうございました!
 

H23年度県民カレッジ夏季講座

  


姜  尚中 先生

 

  

 日 時  7月 16日(土)  14:00 〜 15:30           

 

 講 師  東京大学大学院情報学環     カン   サンジュン

       現代韓国研究センター長   姜  尚 中  氏 

 

 演 題   「 感 動 す る 力 」

 

 

 

 

●プロフィール●

  1950年、熊本県熊本市に生まれる。

 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。旧西ドイツ、エアランゲン大学に留学の後、国際基督教大学助教授・準教授などを経て、現在東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授。

 専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍。

 主な著書に『オリエンタリズムの彼方へ——近代文化批判』、『マックス・

ウェーバーと近代』、『ナショナリズムの克服』、『姜尚中の政治学入門』、『日朝関係の克服』、『在日』、『ニッポン・サバイバル』、『愛国の作法』、『悩む力』、『母~オモニ』など。

 

●略歴●

1950 年 熊本県熊本市生まれ

1974 年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業

1979 年 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了

1996 年 ドイツ エアランゲン大学に留学の後、国際基督教大学準教授など

     経て

1998 年 東京大学社会情報研究所助教授

2004 年 東京大学社会情報研究所教授

 (組織統合に伴い)東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授

2010 年 東京大学大学院情報学環 現代韓国研究センター長

 

受講者アンケートから(多数のご意見より一部掲載)

  

・ 高校生にも分かりやすい言葉で、新しい考え方の側面を気づかせていただきました。

 (10代女性)

 

・ 就職活動をしている大学4年生です。こういう時代だからこそ、今の状況を受け入芸術に 

 目を向けようと思いました。自分に絶望する時もありましたが、懸命に生きようと思います。

 (20代女性)

 

・ たくさんの経験や事例を取り上げて、今、ここに生きている私たち一人一人にとても身近なも

 のとして「前を向いて生きていく力」を見つめる機会となりました。もっと広い視野で、もっと自

 分の足元を見据えて進むべき力をいただいたように思います。(30代女性)

 

・ 今日より明日はもっとよくなると言えないような今日の社会状勢にあって「本当の希望は暗闇

 (絶望)の中に見出される」というフレーズは、会場の聴衆のみならず、人々に対する強烈なメ

 ッセージだと思いました。(50代男性)

 

・ 震災で、生きとし生けるものすべてがなくなる現実の中で、希望を見い出すことの必要性を

 学びました。(50代女性)

 

・ 「受け入れながら、今ここに精一杯生きていく。」先生の素晴らしいお話に感動、感激しまし

 た。(50代女性)

 

・ 人間は受け入れるという気持ちをもつことが大切であり、自然に対しても敬けんさをもって受

 け入れなければならないと学びました。(60代男性)

 

・ あらゆる知識と経験を通して、どう今の世の中をとらえることが必要か、自分の存在をも確

 認できる話の内容でした。分かりやすく深く考えることができる講演に感謝!(60代女性)

 

・ 知的感性の大切さを分かりやすく、いろんな角度から説明され、新しい知見を得た。自然の

 中で生きる人間の在り方を見直す時代を感じた。(70代男性)

 

・ いろいろな分野から、生きる意味を深く考えておられる姿は本当にすばらしく、今、この時を

 大切に、祈りの心をもって、すべてを受け入れ歩んでいきたいと思います。(70代女性)

 

・ 震災後の日本の生き方をしっかりと語っていただいた。特に、NowHereを第一に懸命に

 生きることが大切だということも感動して聞いた。自然の前に人は無力であるが、それを受け

 入れて生きることの大切さも痛感した。(80代男性)

   

 

               

開催施設:富山県教育文化会館
関連リンク 関連リンク
県民カレッジ
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ本部
 Tel 076-441-8401
 Fax 076-441-6157
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ