2017年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

富山県民生涯学習カレッジ本部 TOP   >  富山県民生涯学習カレッジ 事業案内  >  沿革

沿革

県民カレッジの沿革

とやま生涯学習のあゆみ
年度事業等
昭和43(1968) 精神開発室創設、各種研修会・文化講演会、「精神開発叢書」発刊
昭和45(1970) 精神開発研究委員の講演・指導助言活動開始
昭和46(1971) 情操教育講演会開始
昭和47(1972) 「精神開発新書」発刊
昭和48(1973) 県総合開発審議会の答申により「生涯教育行政及び県民大学校に関する構想」を建議
昭和49(1974)

精神開発室を廃し、振興課設

置県民大学校 夏季講座を開始

県民大学校友の会「雷鳥会」発足

「精神開発新書」を「生涯教育新書」に改める

昭和50(1975) 県民大学校 移動講座、高校開放講座、放送通信講座開始
昭和51(1976) 機構改革により、振興課を廃止し、生涯教育班を設置
昭和52(1977)

県民大学校 地方講座を開始

高校卒業者全員に「記念誌」配布

昭和53(1978) 県民大学校 専門講座を開始
昭和54(1979) 県民大学校 移動巡回講座を開始(放送通信講座を廃止)
昭和55(1980)

生涯学習リーダーバンク設置

生涯学習グループ調査

昭和56(1981)

生涯教育推進本部事務局を知事公室よリ移管

生涯教育推進協議会設置

「生涯教育の基本姿勢について」協議

生涯教育推進に関する企画・調査

生涯学習相談「明日をひらく窓」開設

広報誌「とやまの生涯学習」発刊

「明日を拓く生涯学習」発刊

昭和57(1982) 県民大学校 創造性開発講座開始
昭和58(1983)

県生涯教育推進協議会「生涯学習体系について」協議

置県100年記念「県民のひろば」

昭和59(1984) 県民大学校 春季・秋季講座開始生涯学習ガイドブック発刊
昭和60(1985) 県生涯教育推進協議会「生涯学習体系の整備について」協議
昭和62(1987)

県生涯教育推進協議会「県民総合大学校(仮称)構想の具体化について」協議

県民総合大学校(仮称)開校準備室の開設

昭和63(1988)

生涯教育室と社会教育課を統合、生涯学習室とする

生涯学習センターを廃止し、富山県民生涯学習カレッジ開学(10月)

「精神開発叢書」「生涯教育新書」を「県民カレッジ叢書」に改める

放送事業、専門講座開始

富山県生涯学習団体協議会発足

平成元(1989)

県生涯教育推進協議会「地域における生涯学習の振興について」協議

第一回県民カレッジフェスティバル開催(10月)

平成2(1990) 富山県生涯学習情報提供ネットワークシステム(愛称:とやま学遊ネット)開通(10月)
平成3(1991) 県生涯学習審議会「生涯学習の振興のための基本構想の策定について」協議富山地域リカレント教育推進協議会事務局を設置(2月)
平成4(1992) 富山地域リカレント教育推進協議会によるリカレント学習コース開設
平成5(1993)

県民カレッジ映像センター開設

ハイビジョン学習室等完成(6月)、学習サロンを新設

「とやま学遊ネット情報」を発刊、海外セミナー実施

平成6(1994) 第6回全国生涯学習フェスティバル(まなびピアとやま'94)開催(10月)
平成7(1995)

リカレント教育を県事業として開始

県民カレッジ自遊塾開始

ハイビジョンフェスティバル開始

第1回富山県民生涯学習フェスティバル開催(魚津市)

平成8(1996) 人間探究講座にコース制導入「とやま学遊ネット」の一般開放と24時間稼働開始(3月)
平成9(1997) インターネットで「とやま学遊ネット」の情報検索利用開始(5月)
平成10(1998)

県生涯学習審議会の提言により「とやま生涯学習ボランティア活動推進プラン」を策定(10月)

広域キャンパス講座開始、生涯学習メニューブック発行(〜17年)

県民カレッジ開学10周年記念式典挙行(10月)

インターネット方式での講師・指導者情報の提供および雑誌検索開始(3月)

平成11(1999)

インターネット市民塾実証実験で在宅講座9講座を開設(8月)

映像センター課内に「富山県映像センター」設立(1月)

生涯学習ボランティアサミット開催(〜13年)

平成12(2000)

富山県民生涯学習カレッジ新川地区センター及び砺波地区センターを開設(1月)

県生涯学習審議会の答申に基づき「富山県生涯学習新世紀構想〜学びあいビジョン〜」策定(3月)

平成13(2001) 新川地区センターと砺波地区センター事業の開始
平成14(2002) 富山インターネット市民塾推進協議会の設立(5月)
平成15 (2003)

新「とやま学遊ネット」の稼働(4月)

全国視聴覚教育連盟創立50周年記念特別功労団体(全国5団体の1つに選ばれる)

高岡地区センターを開設(1月)

平成16 (2004) 高岡地区センター事業の開始県民カレッジYUHO講座の開始
平成17 (2005)

県生涯学習審議会で県民カレッジ事業の今後のあり方を審議(10月)

県生涯学習団体協議会、雷鳥会、自遊塾代表者による生涯学習団体関係者懇談会を開催(1月)

行政改革推進会議が講座内容等の抜本的見直しと、運営におけるNPOやボランティアとの協働を提言(1月)

平成18 (2006)

「布橋大灌頂〜立山信仰と女人救済儀式〜」が第4回全国地域映像コンクールで「グランプリ」受賞(12月)

県民カレッジあり方検討会で4回の検討を経て、「新たな生涯学習時代に対応した県民カレッジのあり方」報告(3月)

平成19 (2007)

はつらつ学びのリーダー育成事業(3ヶ年2期計画)の開始(6月)

平成20 (2008)

県民カレッジ20周年記念フェスティバルの開催(8月)

とやま学遊ネットのCMS導入によるポータルサイト化(3月)

平成21(2009)

とやまデジタル映像ライブラリーシステム更新(3月)

平成22(2010)

 

ふるさと学びあい推進事業開始

「越中文学散歩−ふるさとの作品が綴るとやま−」が第8回全国地域映像コンクールグランプリを受賞

 

平成23(2011)

とやま公民館学遊ネットの開設と文化財情報の追加

ふるさと映像制作支援講座の開催

「越中を拓く−椎名道三と十二貫野用水−」が第9回全国地域映像コンクール「審査員特別賞」を受賞

平成24

(2012)

高志の国文学探究講座開設

富山地区センターを開設(1月)

 

平成25

(2013)

富山地区センター事業を開始

「高志の国文学入門講座」・「高志の国文学専門講座」を開設、「高志の国文学入門講座」をテレビ会議システムにより、各会場へ配信

「棟方志功と富山の人々」が第11回全国地域映像コンクール「奨励賞」を受賞

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ