■後期講座の再募集

募集期間:講座開始前日

とやまの環境暮らし

とやまブランド

探究しませんか。


■教養講座受講者募集中

 

募集期間:講座最終日

       (10月12日)まで

受講料:900円

申込先:富山地区センター

案内チラシ


2018年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

前期ふるさと文化探究講座④


 富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター   '16/06/30

前期ふるさと文化探究講座 第4回 を開催しました。

 

  • 日 時  平成28年6月25日(土) 14:00〜16:00
  • 場 所  県民カレッジ富山地区センター学習室
  • 講 師  氷見市教育委員会 主任学芸員 西尾 正輝 
  • 内 容  講義「農の営みが支える希少魚イタセンパラ」     

                             

                                                                                       

 講座の様子1

淡水魚は全国で300種類程度いるが、そのうち

富山県には100種類が生息し、そのうち60種類

が氷見市にいる。

氷見市はブリやマグロが有名であるが、淡水魚

の宝庫でもある。

講座の様子2 

イタセンパラは、秋に二枚貝(石貝など)に産卵

する。フナやコイなど貝に産卵する魚の産卵期

は春が多いが、イタセンパラは秋に産卵する変

わった魚である。

 講座の様子3

イタセンパラが生息するためには、①餌、(②温

かい水、)③水位の変動、の3点セットが重要で

ある。

人間が田んぼをしていることにより、結果的に

この3点セットに繋がり、氷見では生息地を守っ

ている。

 

 

 

 

受講者の皆様からは

 

「イタセンパラ保護活動に頑張っておられる講師の先生に本当に敬意を表したい。」

 

「イタセンパラ保全の取り組みは氷見だけで行われているが、これを広く県民にも知っていただくことができればいいと感じました。」

 

「なぜイタセンパラを守る必要があるのかが理解できました。みんなで守り育てることが重要ですね。」

 

 

などの感想を頂きました。

 

 

開催施設:県民カレッジ富山地区センター
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター
 Tel 076-441-0301
 Fax 076-441-0328
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ