■後期講座の再募集

募集期間:講座開始前日

とやまの環境暮らし

とやまブランド

探究しませんか。


■教養講座受講者募集中

 

募集期間:講座最終日

       (10月12日)まで

受講料:900円

申込先:富山地区センター

案内チラシ


2018年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

  【 このページは、公開期間が終了したバックナンバーです 】

前期ふるさと文化探究講座③


 富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター   '16/06/30

前期ふるさと文化探究講座 第3回 を開催しました。

 

  • 日 時  平成28年6月18日(土) 14:00〜16:00
  • 場 所  県民カレッジ富山地区センター学習室
  • 講 師  富山県埋蔵文化財センター 調査課長 高梨 清志 
  • 内 容  講義「小竹貝塚 -縄文人のなりわい-」     

                             

                                                                                       

 講座の様子1

小竹貝塚は、全国的に見ても情報量がトップ

クラスの遺跡で、北陸新幹線の工事着工に

伴い、発見調査した41遺跡の一つである。

遺物には、土器、石器だけでなく釣り針やペン

ダントなどもある。

講座の様子2 

ティッシュは引っ張ればすぐに切れるが、縄に

ると切れにくい。お宮さんのしめ縄は寄りを

作ることで強くなり結界を作るという意味があ

る。寄りによって強固になった強さを宿らせる

という意味でねじりがある。これを土器の表面

につけたのが縄文土器である。

 講座の様子3

亡くなった人を貝塚に埋葬するという行為を

説明するには、貝塚はゴミ捨て場という考え

方だけでは説明できない。

貝塚は死者をあの世へ送る場所という思想

が縄文人にはあったと思われる。

 

 

 

 

受講者の皆様からは

 

「今まで知らなかったことがわかるようになり、楽しかったです。実際に土器に触れて感動的でした。小竹貝塚について知りたかったので満足でした。」

 

「貝塚=生(せい)という奥の深さをまた改めて感じ、哲学的に考えさせられ未来をたくす子供たちに学んでほしいですね。文化財センターへ又、学びに行きたいですね。」

 

「縄文人の印象がずいぶん変わりました。けっこうおしゃれ、ということは生活にゆとりがあったということですね。実際に土器にさわることができてよかった。縄文人には高度なコミュニティ思想があったようで、驚きました。」

 

 

などの感想を頂きました。

 

 

開催施設:県民カレッジ富山地区センター
お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 富山地区センター
 Tel 076-441-0301
 Fax 076-441-0328
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ