ふるさと発見講座 人間探究コース(前期)「郷土の先人」第5回

日 時:平成29年9月2日(土)14:00〜16:00 

場 所:県立新川みどり野高校 新樹館

演 題:「海拓の群像~北前船と富山県の文化」                          

講 師:富山県総合政策局 企画調整室

    参事・課長 松島 吉信 氏

 

北前船の構造から

当時の地域経済、文化まで

様々な視点から解説する

講師の松島氏

北前船は「総合商社」

北前船が運んだもの

それが、その後の富山の

発展の礎になった

ビデオ「『みちのく丸』

日本海を往く」で、

当時の様子に

思いを馳せる受講者

 

<参加された皆様の感想より>

 

「北前船がもたらしたものが、大変なものだったことが分かった。総合商社として富山県の経済に影響を与えたことも分かった。

 

「富山県の近代史を北前船から解いた名講義だった。」

 

「北前船によって、物資だけでなく民謡、食文化なども伝えられたのがよく分かった。」

 

「『みちのく丸』の航海ビデオはとても興味深かった。実際の航路をたどる48日間は昔の再現を見るようで面白かった。」

 

「4月の立山砂防の話も今回の北前船の話も大変興味を持てる内容だった。次回の松島氏の講演も楽しみにしている。」

 

「地域に住んでいながら、知らないことばかりで大変勉強になった。郷土を知ることは大変良いことだと思う。」

関連リンク 関連リンク
郷土の先人について
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ