ふるさと探究講座(専門)「後世に伝えたい!郷土の先人」第3回

 富山県民生涯学習カレッジ 新川地区センター

「後世に伝えたい!郷土の先人」 第3回

 

日 時:平成30年9月1日(土)14:00〜16:00 

場 所:富山県民生涯学習カレッジ新川地区センター 講義室

演 題:「高田雪太郎と明治期の治水」                           

講 師:富山県総合政策局 企画調整室 参事 松島 吉信 

 

     

高田雪太郎のことを

熱心にわかりやすく

教えて下さる

講師の松島 吉信 氏 

 明治期に、常願寺川の

治水工事に尽力した

高田雪太郎について

映像も交えて学びました

専門的な話を

 真剣に聴く受講生

 

<参加された皆様の感想より>

 

高田雪太郎について初めて知りました。治水工事を行ったため、近年災害が少なくなったことが分かりました。また、砂防ダムの役割についても改めて分かりました。愛本橋とかかわりがあることも分かりました。」

 

高田雪太郎は福岡、内務省、北海道、民間と幅広く勤務し、3037歳という若さで活躍したことを知り驚いた。」

 

初めて高田雪太郎のことを知りました。これからも富山県の歴史についての講義を受講したいと思っています。」

  


 

以上で「後世に伝えたい!!郷土の先人」の講座は終了です。 

 

ホームページをご覧いただいてありがとうございました。

 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ