■平成30年度 夏期講座

日本のミカタ・世界のミカタ

 講師:国際ジャーナリスト

 モーリー・ロバートソン 氏

 

●受 講 申 込

窓口:7月13日(金)まで

郵送:6月30日(土)消印有効

(定員に達した時点で終了)


■カレッジわくわくシアター

 ロゴ

  県映像センターが所蔵している映像教材の中から、様々なジャンルの映像を紹介します。気軽にお立ち寄りください。

●7月の上映日時●

7月1日(日)13:30~

 ■詩人 谷川俊太郎

 名作ってこんなに面白い

   「人間失格」

   「檸檬(レモン)」

   「こころ」


2018年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お問い合わせはこちらから

富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター TOP > 講座・イベントの様子一覧  >  講座・イベントの様子詳細

ふるさと探究講座(専門)前期「ふるさとの歴史・人・文化」第1回を実施しました。


 富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター   '18/05/17

ふるさと探究講座(専門)前期

「ふるさとの歴史・人・文化」第1回を実施しました。 

 

●日 時  平成30年5月17日(木)14:00〜16:00

●会 場  県民カレッジ高岡地区センター学習室  

●内 容  幕末維新期の加賀藩

●講 師  金沢市立玉川図書館近世史料館 学芸員 宮下 和幸 氏

 

 

○幕末期加賀藩の研究

 加賀藩がどのような政治意思であったかを解明することが重要

○「幕府」や「藩」は存在したのか?

○「佐幕」と「勤王」の選択肢

 もともと「佐幕」「勤王」は両立可能

 対立する概念ではなかった。

 大きな転換期は、

                    「鳥羽・伏見戦争」後

 

 ○加賀藩と明治維新

  幕末期の藩主前田斉泰、前田慶

 寧父子の政治判断に注目しながら

 加賀藩の動静を紹介

 

   幕末から明治初年にかけての藩

 体制の変容の様子を熱心に傾聴す

 る受講者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【受講者の感想】------------------------------------------------ 

・幕末に「日和見」と言われた加賀藩ですが、中立であろうとした苦しい政治

立場をよく理解できました。

・宮下先生の幕末史分析が明確であるため、講義に説得力があり、とてもよ

分かりました。

 

【次回開催について】---------------------------------------------

 6月14日(木) 14:00~16:00 

 内容:古代の日本海交流

 講師:富山大学人文学部 教授 鈴木 景二 氏

 

お問合わせ お問い合わせ
富山県民生涯学習カレッジ 高岡地区センター
 Tel 0766-22-5787
 Fax 0766-22-5872
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ