■映像工房メンテナンス

定期メンテナンスのお知らせ

2017/12/25 〜 2018/01/05


■とやま映像コンクール

とやま映像コンクール作品募集中!締切 12月8日

申込書はこちらから。

 


■映像フェスティバル クリスマススペシャル

平成29年12月17日()、に開催の上映会(詳細) 

入場無料・予約不要


■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2017年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

富山県映像センター TOP > よくある質問(FAQ) - 著作権に関して一覧  >  よくある質問(FAQ) - 著作権に関して詳細

自分や家族が映っているテレビ番組を、映像作品の素材にしたい


  '09/12/14

自分や家族が映っているテレビ番組を、映像作品の素材にしたい 標記のように、自分や家族が取材されるなどして、映っているテレビ番組を再編集して、1枚の DVD にしたいという相談がよく寄せられます。
 このような場合、以下の事項に注意してください。
  • 例え、自分や家族が映っていたとしても、テレビ番組はテレビ局(もしくは、番組制作会社など)が著作権を所有している著作物です。権利者に無断で編集素材として使用(二次使用)することはやめましょう。
  • テレビ番組を再編集したものが、家族内でのみ視聴されるものであれば、別の FAQ「市販されている CD をビデオ編集の素材として使用しても構いませんか?」と同様に、「私的使用」として解釈できるかもしれません。
  • 地上デジタル放送を録画した場合、DVD レコーダーで記録した DVD は、CPRM(Content Protection for Recordable Media) という著作権保護技術によって保護されています。そのため、著作権者に許諾が得られたとしても、保護されたままの DVD ではビデオ編集ソフトで素材として扱うことはできません。
    地上デジタル放送を録画したものは、DVD レコーダーの機能を使って DVD に書き出すことに留めておくのが懸命だと思います。
  
 また、富山県映像センターでは、私的な用途であっても、映像工房などの機器・機材を用いて、市販されている音楽CD やビデオを編集作業に使用することをお断りしています。詳しくは、別の FAQ「市販されている CD をビデオ編集の素材として使用しても構いませんか?」や「個人的な利用であれば、著作物を複製してもいいのですか」をご覧ください。

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ