■映像工房メンテナンス

定期メンテナンスのお知らせ

2017/12/25 〜 2018/01/05


■映像フェスティバル クリスマススペシャル

平成29年12月17日()、に開催の上映会(詳細) 

入場無料・予約不要


■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2017年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

富山県映像センター TOP > よくある質問(FAQ) - 著作権に関して一覧  >  よくある質問(FAQ) - 著作権に関して詳細

市販されている CD をビデオ編集の素材として使用しても構いませんか?


  '09/10/10

富山県映像センターをご利用のみなさんへのお願い − 複製の禁止ポスター 著作権法では、権利者の許可なくコピーできる例外がいくつか認められています。 著作権法 第30条「私的使用のための複製(コピー)」もその一つです。詳しくは、別の FAQ「個人的な利用であれば、著作物を複製してもいいのですか」で説明しています。
 この「私的使用」に当てはまる利用であれば、市販されている音楽 CD でも複製して、ビデオ編集の素材として利用しても構わないでしょう。
 
 しかしながら、過去の判例などから、誰でも使える状態で設置してあるコピー機・ダビング機などを用いて複製した場合には「私的使用」にはあてはまらないと解釈されています。そのため、私的な用途であっても、富山県映像センター映像工房などの機器・機材を、市販されている音楽CD やビデオを編集作業に使用することをお断りしています。(※テレビ番組などを録画したビデオテープや DVD も同様です。) 家庭内など限られた範囲内で利用する場合であっても、映像工房の機器を用いて、許諾の得られていない著作物を複製する行為はおやめください。

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ