■H29 後期講座募集中!!

平成29年度後期講座案内を配布しています!

※9月4日(必着)


■映像工房メンテナンス

定期メンテナンスのお知らせ

2017/08/10 〜 2017/08/17


■わくわく土曜シアター8月

平成29年8月26日()開催の大人向け上映会(詳細CM

入場無料・予約不要


■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2017年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

富山県映像センター TOP > とやまの文化財百選(近代歴史遺産)一覧  >  とやまの文化財百選(近代歴史遺産)詳細

No.6-026 牛ヶ首用水発電所群(薄島発電所、成子第一発電所、成子第二発電所、五平定発電所、四津屋発電所、下井沢発電所) − とやまの近代歴史遺産


 富山県民生涯学習カレッジ 映像センター課(富山県映像センター)   '10/08/12

所在地
富山市八尾町薄島・婦中町成子・広田・下井沢
分類
発電所関係(発電施設) 
竣工
薄島発電所:1937(昭和12年) 成子第一発電所:1922年(大正11) 成子第二発電所1934年(昭和9) 五平定発電所:1922年(大正11) 四津屋発電所:1922年(大正11) 下井沢発電所:1935年(昭和10) 
構造
鉄筋コンクリート造 
所有
北陸電力株式会社 
履歴
日本の近代土木遺産2800選 
概要
 富山平野北部の田畑を潤す灌漑用水である牛ヶ首用水の豊富な水量と、わずかの落差を活用した全国的にもあまり例をみないユニークな水力発電所は、神通川電気株式会社によって大正後期から昭和前期にかけて次々に設けられた。一番下流部にある下井沢発電所は、鉄筋コンクリート造ではあるもののアクセントのある切妻屋根で桟瓦葺となっている。他の発電所は方形の鉄筋コンクート造建物である。発電所に接近して設けられている余水吐けの越流部から、水しぶきを上げながら用水に戻される水流は見所のひとつである。環境にやさしいクリーンなエネルギーの代表と評される。なお、6箇所の発電所の合計発電量は約12,000キロワットである。
 

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ