■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2017年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

富山県映像センター TOP > 郷土学習教材一覧  >  郷土学習教材詳細

布橋大灌頂 〜立山信仰と女人救済儀式〜


  '05/04/01

平成17年制作 『布橋大灌頂 〜立山信仰と女人救済儀式〜』
布橋大灌頂 〜立山信仰と女人救済儀式〜 日本三霊山の一つに数えられる立山は、1,300余年の歴史を持ち、地獄と極楽を併せ持つ霊山として、日本全国から参拝登山者が訪れていた。特に江戸時代には、あまたの霊山がひたすらに女人禁制を掲げている中で、「布橋大灌頂」への参加による女人救済は全国に知られていた。
 「布橋大灌頂」とは、秋の彼岸中日に、雅楽や声明が流れる中で白布を敷いた朱塗りの布橋を渡って、普段は女人禁制である対岸の姥堂に参拝する行事で、男性が立山に禅定登山したのと同じ功徳が得られるとされた。
 今回制作した映像教材では、平成17年9月18日に9年ぶりに再現された「布橋灌頂会」の様子だけでなく、背景となっている立山信仰の概念についても解説することで、立山信仰を学ぶことのできる郷土映像教材を目指し、富山県[立山博物館]の協力を得て制作しました。
全国地域映像コンクール グランプリ 受賞
《通常版》
《英語音声+日本語字幕》
リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ   前のページへ