■視聴覚教材の検索

ご利用いただける視聴覚教材は、こちらから検索できます。


2017年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

富山県映像センター TOP   >  視聴覚機器・教材について  >  視聴覚機器・教材の貸出

視聴覚機器・教材の貸出

視聴覚機器・教材の貸出

富山県映像センターでは、多くの視聴覚教材を収蔵しています。 富山県映像センターでは、学校や社会教育施設、教育や福祉など県内の団体を対象に無料でプロジェクター、スクリーン、VHS ビデオデッキやDVD プレーヤーなどの視聴覚機器の貸出を行っています。
 また、VHS ビデオテープや DVD などの教材を多数そろえ、個人や団体を対象に無料で貸出しています。 
【注意】 以下にあてはまる目的に利用される場合には、視聴覚機器・教材を貸出できません。あらかじめご了承ください。
  • 参加費(入場料)を徴収する講演会や講習会、勉強会など
  • 企業内での社員研修
  • 著作権法に触れる場合
  • 特定の政党・宗教の宣伝活動
  • 屋外での使用
 視聴覚教材の中には、利用対象や利用場所が「個人・学校のみ」や「館内のみ」と指定されているものがあります。 視聴覚機器は、個人への貸出を行っておりません。
 また、パソコンの貸出は行なっていません。
借りるときは...
サービスカウンターでの貸出の様子
  • 視聴覚会員登録がお済みでない方は、様式「視聴覚会員登録」を記入の上、本人確認のできる証明書(運転免許証など)を提示していただきます。(※登録番号を発行致しますが、貸出カード等の発行は行いません。)
  • 一度に貸出できる視聴覚教材(ビデオ・DVD など)は 5点までで、貸出期間は一週間です。 様式第 2号「映像資料利用申請書」を記入ください。
  • 教育機関や生涯学習団体・グループでの利用には、プロジェクターやスクリーンといった視聴覚機器の貸出も行っています。 様式第 1号「施設・設備利用申請書」を記入ください。(※視聴覚機器の貸出も、5点、一週間です。)
  • 電話での利用相談や予約申し込みも可能です。
  • 視聴覚教材の宅配便での配送も可能です。ただし、輸送費は利用者側で負担していただきます。(※初回のみ窓口で視聴覚会員登録が必要です。また、輸送期間も貸出期間に含まれます。)
返すときは...
  • 富山県映像センターが開所している時間に、サービスカウンターに返却をお願いします。(※時間外の返却ポストはございません。)
  • 視聴覚教材がケースの中に収められているかを再確認してください。(※ケースだけで、中身がない状態で返却される場合がありますのでご注意ください。)
  • ビデオテープや16ミリフィルムは、巻き戻してください。
  • 機器に付属しているコード類が、全て揃っているかチェックしてください。
  • 貸出時に渡された用紙に、利用状況などを記入してください。 記入する用紙は、「施設・施設及び映像資料の損害賠償について」と「視聴覚教材・機器使用状況報告書」の 2種類です。

リンクの際は、こちらのURLをご利用ください。
 トップページへ  このページの先頭へ